自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.29

 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、いやな思いがふっきれるかもしれません。
 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?

トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る
08年1月3日  厳道峠へGo!
 
 08・新春の初走りに選んだのは、道志山系の厳道峠です。昨年の初走りに行こうと思っていたのが、実はこの峠でした。昨年の場合、時間の関係で急遽コース変更したのですが、心残りだったので今年はトライしました。昨年同様に時間的に余裕無かった為、新年早々、真冬のこの時期に帰路はナイトランとなってしまいました。この峠、過去に数回行った事があったので、気持構えは出来ていたのですが、名前どうり、厳しい道でした。ちなみに、「かんとう峠」と読みます。(今回の道中で地元案内標識を見るまで、ずっと「げんどう峠」と思っていました)
今回のコース
川崎(自宅)→(津久井道・国道16号)→津久井湖→藤野町牧野→安寺沢→厳道峠→(野原林道・国道413号)→津久井湖→川崎(自宅)
津久井湖
湖面の青と快晴の空色が美しかったので、思わず写しました
冬の藤野町集落は懐かしい日本の風景を感じられます。特別な記念碑や観光スポットは無いのですが、野鳥の為にあえて残した柿や昔から存在していた石標識やお地蔵さんが、そんな雰囲気を与えてくれます
この周辺に「やまなみ温泉」や「秋山温泉」があります。
入浴したかったが......先を急ぎます
このような冬の林道を静かに走っていると、かつて走っていたクラブランやツーリングしていた時のことを思い出します。
山梨県上野原市へ
厳道峠
 厳道峠は、基本的には植林林業の為の道路です。昭和30年代に道路開通計画され、造られたような事が開通記念碑には書かれていました。秋山村側と道志村側をつなぐ道は現在でもこの峠を通る林道しかありません。私個人が訪れたのが、およそ20年前ぐらいの時だったと思います。その時、秋山村側は舗装されていましたが、道志村側は未舗装で急勾配かつ、大変荒れたダートでした。(MTBのDHコースと思うぐらい凄かったです)ちなみに、道志側は現在では野原林道が開通して2本の道がありますが、20年前は私の記憶では西側の道しかありませんでした。
峠の道中でのカット(登ってきた方向)
この山々の合間を走ってきました
遠くに映るシルエットになっているのは富士山。
美しい景観でしたが、日が落ちてから暗くなるスピードと、寒くなるのは早かったです
トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る