自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.32

 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、いやな思いがふっきれるかもしれません。
 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?

トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る
08年6月11日  秦野・弘法山へGo! 
 最近、MTBが元気が無いのでMTBでトレッキングをしてきました。かつては、よく遊んだ秦野〜伊勢原に位置する弘法山のトレッキングコースを少しアレンジして大山・蓑毛方向の高取山まで足を伸ばしてみました。(ヤビツ峠はおまけです)
 
今回のコース
弘法山公園(→権現山→弘法山)→善波峠→念仏山→高取山→源実朝公御首塚→ヤビツ峠→弘法山公園
トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る
「弘法山」というと、個人的にはこの釣鐘です。近くには弘法大師様の祠もあります
善波峠
古道・矢倉沢往環の「切通し」です(風情があります)
弘法山公園・権現山編
道中で出会ったお花畑
弘法山公園へは「男坂」か「女坂」を登らなければなりません。

(ヘタレなので「女坂」を選択)
第一のお山、「権現山」に到着!
権現山には立派な展望台があります
弘法山公園・弘法山編
整備された「馬場道」と呼ばれる平坦な尾根道で弘法山へ向います
善波峠・念仏山・高取山編
 国道246号線の善波トンネル、その脇の旧善波トンネルは何度か越えたことがあったのですが、古道の善波峠は初めて訪れました。
 時代劇に登場するような切通しの古道でした。わざとではないのでしょうが、首を失ったお地蔵さんが、街道筋の歴史を物語っております。
 善波峠より先の行程は、楽しいハイキング道というより、過酷な登山道です。MTBで乗れる道程も極端に減ります。こうなるとMTBは単なる荷物と化します。これもMTBの世界です。
念仏山(標高300.1m)
高取山(標高556.3m)
鎌倉幕府三代将軍・源実朝の首塚

トレッキングも終え集落に出たので、近くの田原ふるさと公園に立ち寄ってみました。公園近くに源実朝の首塚が供養されています。解説案内を読むと、1219年、鎌倉鶴岡八幡宮にて討たれたとの事でした。尚、実朝は頼朝の子です。
 念仏山・高取山コースはMTBでは厳しい行程でした。背負子がほしくなるぐらいのシングルトラックです。よく、この登山道と平行する県道でヤビツ峠へロードレーサーで出掛けるのですが、今回はMTBで苦労し幾つかの山を越えて行こうと思いました。もっとすごい人は、まだ先まで伸びる大山まで行くのでしょうが、今回は高取山で集落へ降りました。
 田原ふるさと公園に立ち寄り、それからヤビツ峠まで県道で登ってみました。今回のヤビツ峠はおまけです。(MTBなら柏木林道でヤビツ峠といきたいところですが、現在、柏木林道は通行禁止です)シングルトラックで脚を使い果たした為、ボロボロの状態でした。(素直に鶴巻温泉で、日帰り温泉に漬かっていればと、少々後悔しました)