自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.41

 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、いやな思いがふっきれるかもしれません。
 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?

トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る
  明神・三国峠経由山中湖へGo!
 山中湖は06年5月に道志・山伏峠経由で山中湖へ行きましたが、今回は明神・三国峠経由で山中湖へ出掛けました。前日の雨はあがり、少し肌寒い曇り空の下、走り出したのですが、三国峠に到着したら陽射しがさし,美しい富士山を見ることができました。峠の行程は厳しかったですが、素晴らしいご褒美が待っていました。サイクリングの醍醐味を実感した一日となりました。
今回のルート
駿河小山市街→明神峠→三国峠→山中湖(一周)→籠坂峠→駿河小山市街
09年11月18日
紅葉が美しい駿河小山市街
標識案内どうりに峠道に入るとのどかな里山の農村風景が広がります。大きな樹木は柿の木です。枝一杯に柿の実がなっていました。
(本格的な峠道に備えてしばし休憩です。ピークの三国峠まで約6.7kmあります)
明神峠・三国峠までの峠道
坂道の勾配は、おそらく12〜16%ぐらいで連続してます。一瞬でも息を整えるような緩やかな斜面になることはほとんど無かったです。厳しい峠道です。

下の勾配標識は16%です。壁.....です。インナー*ロー(34*25T)でダンシング状態を強いられました。
この坂を見たとき、貴方はどのような気持になりますか?

(私は漫画「シャカリキ」の主人公・野々村テルになった気持で走る覚悟を決めました)
明神峠
世附林道との分岐点が実は明神峠です。世附林道から来た人にとっては、駿河小山方面へ降りるので「峠」となりますが、そのまま山中湖方面に行く人にとっては、単なる通過点にすぎません。本当の意味での「峠」は先の三国峠になります

世附林道は現在では、完全に自転車・通行禁止となっています。
三国峠
長かった.....念願の県境標識。ここが「三国峠」です
曇りだった空が、いつのまにか青空になってました。(感動です)
山中湖と富士山
神様のご褒美?ちょうど、雲が切れてくれました
せっかくなので、山中湖を一周しました。観光用にサイクリング道路が充実してます。(一部、一般車道区間アリ)
帰路は籠坂峠経由です。尚、気温は4℃(16:00ぐらい)でした
トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る