皇居・丸の内周辺(アプローチ編)
自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.47

浅草駅を降りると吾妻橋に出ます
個性的な建物はアサヒビール本社です

缶コーヒー・BossのCMではありませんが、東京スカイツリーを観た後、何故か東京タワーを観たくなって、帰路に赤羽橋へ立ち寄りました。
日本が戦後復興し、希望に満ちていた頃の20世紀のランドマーク・東京タワー。東京スカイツリーは21世紀の希望となりうるか.....。

真下からの風景

いつものように桜田門で一休みします。
右の画像は二重橋です。

今回のコース
川崎(自宅)(国道246号線)→渋谷→(六本木通り)→丸の内→上野→浅草→吾妻橋本所 (往復)
(帰路は途中、赤羽橋に寄り道)
 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、いやな思いがふっきれるかもしれません。 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?

おまけ

隅田川から吾妻橋本所地区編

皇居側から丸の内へのカットです。
右はお色直し中の「東京駅」。
(ちなみに国会議事堂も現在、お色直し中でした)

駒形橋上から

 今も昔も人気スポットです。江戸っ子でなくても江戸時代からの大衆文化を肌で感じられる浅草寺と今も変らぬ隅田川を中心とした下町風情は、不思議な癒しと元気を与えてくれます。そんな、東京下町に話題の東京スカイツリーが現在建設中です。今昔の文化が上手く調和する浅草を探索してまいりました。

勝海舟の銅像もあります
お江戸大衆文化の中心だった今も変らぬ浅草の町。
そして、新しいランドマーク・東京スカイツリーが建とうとしている21世紀の現代。
幕末の時代に開国し文明開化を願った海舟は何を想うか.....

浅草寺

浅草寺編

浅草寺は毎日が縁日。お祭り騒ぎの賑いようです。歩いているだけで楽しくなります。海外の外国人の観光客がたくさんいました。私個人ごとですが「おみくじ」を引いたら「吉」がでました。気分良く境内を後にしました。

トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る
トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る

隅田川に掛かる赤い橋が吾妻橋です
今回はランドナーを使用しました

2010年10月13日

浅草へGo!(浅草〜吾妻橋本所周辺)