「大きな玉ねぎの下で」 詞・サンプラザ中野
 ペンフレンドの二人の恋はつのるほどに 悲しくなるのが宿命。また青いインクが 涙でにじむ。 せつなく若すぎるから 遠すぎるから会えないから 会いたくなるのは必然。貯金箱こわして 君に送ったチケット。定期入れの中のフォトグラフ、笑顔は動かないけどあの大きな玉ねぎの下で初めて君と会える。
 九段下の駅をおりて 坂道を人の流れ 追い越して行けば、黄昏時 雲は赤く焼け落ちて、屋根の上に光る玉ねぎ....♪

皇居・北の丸公園のさくら....。平和な一時です

その大手門の脇のお堀沿いに枝垂れ桜が美しく咲いてました
背後には東京消防庁(福島第一原発への放水活動も参加されました)

 去る2011年3月11日に起きた東日本大震災が深い悲しみから癒えないでいる方は多くいるのではないでしょうか?しかし、春は全ての人々に訪れます。そして、毎年決まってサクラは美しく咲きます。元気を取り戻す意味も込めて東京・皇居のサクラを観に出掛けてきました。
皇居千鳥が淵へGo!(お見さんぽ)
トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る
自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.50

 東京のサクラの名所のひとつでもある、千鳥が淵の2011年春の風景です。幸せを感じる一時でした。しかし、現在平和に暮らしている人が忘れてはならない場所が千鳥が淵にはあります。右画像の千鳥が淵戦没者墓苑は先の大戦で数多くの無言の帰宅をされた方が葬られています。
 戦争や災害で亡くなられた方を想い戦没者墓苑の前で手を合わせたのち、千鳥が淵を後にしました。私なりにさまざまな事を考えた今年のサクラでした。

 追記 千鳥が淵と反対側の牛が淵沿いの建物でも、今回の震災で被災された方が亡くなっています。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

今回は2011・FELT AR5で出掛けてきました

今回のコース
東京・皇居周辺(主に千鳥が淵緑道がメイン)
 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、いやな思いがふっきれるかもしれません。 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?

2011年4月13日

トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る

皇居への入り口の一つ大手門