ストリートからの枝路の風景
何処からと野良猫が飛び出しそう.....

 日常生活にスポーツバイクを気軽に採り入れ楽しさ・喜びを提案するライトウェイのライフスタイルバイク。そのライトウェイさんは、「ライフスタイルバイクが日本の風景の何処にでも見られ、自由に動き回わる猫のような存在になってほしい」と思いを馳せているそうです。
 今回はメーカーの想いを汲んで、ライトウェイ・シェファードで原宿〜渋谷に通じる(サウス側)キャットストリートに出掛けてみました
自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.63

渋谷ヒカリエ

迷惑な落書きですが、原宿だとポップ・カルチャー?
(あなたはどう想いますか?)

表参道→原宿→(サウス側)キャットストリート→渋谷
原宿・キャットストリートへGo!

2012年11月21日

「自転車 de Go!」トップへ戻る
トップページに戻る
 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、嫌な思いがふっきれるかもしれません。
 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?

渋谷駅(宮益坂下口)

ライフスタイルバイクには「e*meters」のようなサイクルメーターがオススメです。(カロリー消費も表示できます)ストイックな体育会系というよりも「ユル〜イ」遊び感覚で楽しめます

おまけ

原宿に限った話ではありませんが、自転車の路上駐輪風景です
自己防衛は理解しますが.....(モラルある行動を心掛けましょう)

原宿・表参道のX’masのホワイト・イルミネーションは有名ですが、日頃より使用される街灯も最新のハイテク技術が使われています

今回のコース
トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る

明治通りに合流するとキャットストリートは終わります。すると、すぐに渋谷の街並みが現れます。
元々、キャットストリートは東京オリンピック開催時の都市開発の為、渋谷川に蓋をして出来上がった遊歩道で今も通りの地下には渋谷川が流れているそうです。詳しい名称の由来は解りませんが、「昔は野良猫が多く居た事からキャットストリートと呼ばれていた」という説があります。ただ、WEBで調べていくとあるバンドの発祥地からついた説が有力だそうです。何はともあれ、ウインドウショッピング感覚で散策するには楽しい場所でした。お洒落なライフスタイルバイクで出掛けるには良い所だと思います。(今回の乗り手が若い女性なら申し分無いのですが....)

 有名ブランド・CHANELを左に曲がると(サウス)キャットストリートです
尚、表参道を境に北側は(ノース)キャットストリートと呼ばれています
(今回は南側のみの自転車散歩です)

青山通り・表参道駅から原宿駅方面へ向かいます。有名ブランドショップが軒を連ねます(右の画像は表参道ヒルズ)