厳しい登山道の途中で昼食休憩
ハイキングでは少し大きめのおにぎりがとても美味しく感じられます

山の神。地域住民が山の安全と恵みに感謝する意味を込めて江戸時代から信仰されているそうです

 まだまだ厳しい寒さが続きますが立春を迎え、暦の上では春です。各地で梅の便りが聞こえ始めてまいりました。神奈川県では曽我梅林(Vol.30,Vol.37)と並んで有名なのが湯河原梅林です。この時期、「梅の宴」なる花見イベントで大いに賑わいます。お花見も兼ねて幕山・南郷山ハイキングコースをMTBでトレッキングしてきました

(幕山・南郷山ハイキングコース)

幕山公園内から幕山へのハイキング道があります。この道は厳しすぎるので私(MTB)は大石平を経由するハイキング道へ向かいました

2017年2月8日

自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.86

 登りが豪快なら下りも同じで一筋縄ではいきません。乗車不可能な急勾配は多数。倒木も珍しくありません。自然のトレイルとはこういものですが、久々に楽しいトレイル・ダウンヒルでした。(落車もしました)

幕山ハイキングコース後編 (南郷山)

幕山ハイキングコース中編 (自鑑水または自害水)

大石平まではほぼ舗装済の道路

ここから先はハイキング道幕山まで1700m
「鎌倉幕府開運街道」と謳われています。道程は決して楽ではなく厳しい登山道でした

しばらく行くと入園ゲートが現れます

(梅の宴期間限定にて¥200必要です)
自転車(MTB)での乗り入れもOKでした。ただ、公園内では常識的なマナーを心掛ける必要があります

真鶴駅五郎神社幕山公園(湯河原梅林)→大石(ハイキング道)→幕山自鑑水南郷山五郎神社真鶴駅
湯河原梅林へGo!
 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、嫌な思いがふっきれるかもしれません。
 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?
今回のコース     詳細はCATEYE Atlas or wadachi

トレイル・ダウンヒル編

林道から南郷山への登り口は壁です。(400mですが、ほぼ担ぎ上げです)
苦労して登りつめると山頂から真鶴半島の素晴らしい景観が一望できます(ご褒美みたいなモノです)

山頂は少し広い原っぱです。山頂を周回するトレイルも近くにあります(MTB初心者にオススメします)

画像では判り難いですがキツイ傾斜です。階段状の道程を越えたら分岐に出ました。幕山山頂まで600m。道も整備され傾斜も穏やかにラストスパート!

幕山公園敷地内を通過すると一般の林道になります

この日の開花状況は「3分咲」。あと1〜2週間後が見ごろか?

幕山公園への入り口にある五郎神社
(昔からの村の守り神です)

登山道までのアプローチ編(大石平まで)

   

幕山公園編(湯河原梅林・梅の宴)
トップページに戻る

トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップへ戻る

「自転車 de Go!」トップへ戻る

幕山ハイキングコース前編 (幕山山頂)

 時は源平時代。1180年に石橋山の合戦(Vol.55)で敗れた源氏軍大将・源頼朝が敗走して辿り着いたのがこの池だそうです。一度はここで大将・頼朝自身が自害を決意するも郷土の武将・土肥實平氏が想い留まらせ、近くの城山山頂に築かれた土肥城(Vol.39)まで逃げ延びたと伝えられています。
 頼朝公がここで自害していたら鎌倉時代以降の歴史はどうなっていたのでしょうか?