自転車 de Go!    (自転車さんぽ道)
 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、いやな思いがふっきれるかもしれません。 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?
4月21日 西丹沢へGo! (MTBで遊んでみよう)    
 前にも、お話したように店長は以前、平塚のとある自転車に勤めていました。今回も休みの日を利用して部品等を取りに行くので、その自転車屋さんのスタッフ「PING氏(以下PING)」と話をしていたら、常連さん「M氏」と山へ行くという。(常連さんM氏も当然顔なじみです)
 せっかくだから一緒させてもらうことになりました。しかし、店主は先日自分の愛車を売ってしまった為、MTBまで借りての参加となりました。(以前、自分がジャンクパーツ等で組立てたイベント貸出し用に作ったもの)
手前:PING  愛車:ブードゥー・ビザンゴ(白)
後方:M氏   愛車:スペシャライズド・スタンプジャンパー(青)
店長です
借り物:スペシャライズド・グランドコントロール
(情けない......)
 さて、今回の行き先ですが、とりあえず西丹沢としておきます。(MTBは自然のフィールドで使用されますが、当然、それらのフィールドはMTB愛好者だけの場所ではありません。山を生活の糧にしている地元の方、ハイカーの方。そしてなによりもそこに住む動植物たち。そのような主旨で明確な地名は伏せることにします。ご了承ください。)
もう鯉のぼりの季節です。(気持ちよさそう)

 (車をデポしたスタート/ゴール地点にて)
今回の参加者紹介
このあたりは路面もしまっていて走りやすい。
おもわず「ヤッホー!」と叫びたくなります。
やはり、MTBは山がにあいます。
無謀にも、更に進むとやはり「担ぎ」になりました。
(最初はMTBしてる自分に酔ってますが、途中から皆、泣きが入ってました)
 苦しい中、無理して?ポーズをとってもらった「PING」
 3人の中では、彼が一番若い。
「誰だよ、進もうなんか言ったヤツは!」
と、誰かが言ったとか言わなかったとか!?
 さすがに、この後のダウンヒル(下りのことです)は、ものすごく楽しかったです。富士見パノラマDHコースを知る「PING」によると、富士見のコースと遜色ないぐらい楽しかったとのこと。
 走ることでいっぱいで、画像を撮るどこでなっかたので、スミマセン画像はありません。担ぎもいいけどDHはMTBの醍醐味であり、一生懸命に登った後のご褒美みたいなモノです。(店長の感想)
自転車 de Go!トップページに戻る
トップページに戻る
トップページに戻る
自転車 de Go!トップページに戻る
Vol.3