自転車 de Go!      (自転車さんぽ道)Vol.5

 みなさま、自転車に初めて乗れたときのことを覚えていますか?
私は覚えています。今まで経験したことが無い速さと、どこまでも走っていけるような機動力。子供心で地球の果てまでも連れて行ってくれるのではないかと本当に思っていました。
 地球の果てまでとは行かなくても、あのころの童心にもどってもう一度ペダルを踏んでみませんか?忘れかけていた大切なことを思い出すかも知れませんよ。または、いままで悩んでいた事や、いやな思いがふっきれるかもしれません。 デジタルの時代に、自転車のスピードで街を見つめてみませんか?

11月10日 湘南シーサイドラインへGo!
 11月7日の「自転車屋さんの店長日記」に書いたように、湘南シーサイドをサイクリングしてきました。湘南というと夏というイメージが強いですが、かつて、平塚に住んでいたときは、「夏の湘南」=「渋滞+いも洗い状態」という印象が強く、個人で行く場合、冬が多かったです。(冬の湘南。自分では結構気に入っています)
 小春日和の暖かい一日で、風も無く、良い一日でした。ただ、日が短く、最後に大磯海岸まで行きたかったのですが、日没で退散したのが、少し残念でした。
今回のルート
平塚競技場→湘南大橋→茅ヶ崎→江ノ島→鎌倉・鶴岡八幡宮の往復です。
平塚総合競技場内の公園をスタートします。
 噴水近くの、平塚陸上競技場の「7番ゲート」
このゲートを一目で判った方は、生粋のベルマーレサポーターか、熱狂的な中田英寿(元:ベルマーレ)ファンでしょう。
 「7」ゲートのモニュメントを拡大すると、右のようになります。中田英寿選手がベルマーレ在籍時につけていた背番号にちなんで、通称「ヒデゲート」と呼ばれています。
 このゲートから、世界へ羽ばたいて欲しいと関係者、サポーター、地元・平塚市民は思いを込めていますが、04年度のベルマーレはJ2で10位前後に沈んでいます。さみしい.......かつての、栄光と強いベルマーレの復活を期待してます。

(かつて、ホン・ミョンボや呂比須 ワグナー、岩本 テルや名良橋に小島etcがいたころが懐かしい.....。せめて、茂庭(元:ベルマーレかつ、ベルマーレユース)が戻ってきてくれればいいのになぁ〜) 
平塚競技場を後にして、ひたすら南へ向かっていくと、海にぶつかります。ここから、湘南シーサイドラインのはじまりです。
ただ、ひたすら、国道(134号線)を走るのも、面白くないので、海岸線沿のサイクリングロードへ行くことにします。(茅ヶ崎・柳島〜鵠沼。約8.4km)
 茅ヶ崎漁港および、漁港近くのサザンビーチのモニュメント。

 同じ記念碑でも、ずいぶんと感じが違うと思うのは、私だけでしょうか?(第一、サザンビーチ自体つい最近、認知され、私はこのような記念碑の存在自体知りませんでした。)
 茅ヶ崎漁港は、のどかな地方の漁港という感じ。しかし、7月の海の日には、浜降祭という、日の出と同時に、神輿ごと海に入るお祭りが行なわれます。ちょうど、自転車の背景にある辺りでおこなわれます。壮大な海のお祭りです。

 申遅れましたが、今回、使用した自転車は地元・茅ヶ崎にちなんで、ミヤタ製のコガ・ミヤタ(ロードレーサー)にしました。
 海で一番あう自転車はやはり「ビーチクルーザー」でしょう。
 いかした、ビーチクルザーが多いのも、湘南地区特有です。

右は、江ノ島とサーフィンする方々。
江ノ島に近づくと、自然の感動から、商売色がある施設が、増えてきます。でも、この新制さてた新江ノ島水族館は、一度は訪れてみたいと思ってます。
 家族連れやカップルで楽しそうなお客様で賑ってました。
 江ノ島は、人が多いので、パスします。裏の洞窟があるところまでいくと面白いのですが、今回は時間が無いので先を急ぎます。
   稲村ガ崎で、少し歴史を勉強しましょう。
新田義貞が太刀を入れると、断崖絶壁だった海が静まり、潮が引いて、この機会に一気に進軍して鎌倉幕府を滅ぼした。と伝えている地がこの稲村ガ崎であり、これがその碑です。左が稲村ガ崎の海岸線です。(ホントに、潮が引いたの?)

 伝説は「稲村ジェーン」だけではありません。
やっと、鎌倉・鶴岡八幡宮に着きました。
お正月に備えてでしょか?宮大工さんがお色直しの作業が行なわれてました。
七五三参りの親御さんが数多く参拝しておりました。
いざ、鎌倉へ!
茅ヶ崎〜江ノ島編(サザンオールスターズの歌詞の世界)
平塚および、ベルマーレ編(ベルマーレ復活の願いを込めて)
トップページに戻る
「自転車 de Go!」トップに戻る