自転車屋さんの店長日記

18年5月の日記はこちら                                           トップページに戻る

2018年6月30日(土) 
 朝から夏空です。店に着くなり直ぐに店の前に水を撒きました。打ち水をすると気持ち涼しげになった気がしますが、もう既に「焼け石に水」状態です。よくTVなどで浴衣姿で柄杓を使って打ち水する光景が映りますが実際は道全体に水溜りができるぐらい放水しないと効果がないと(個人的な経験上から)想っています。打ち水の原理は熱せられた路面に水を撒くことによって水分が蒸発するときに生じる気化熱によるものです。柄杓などで風流な打ち水とは程遠く、ウチではパンク用容器に何度か水を汲んでぶん投げています。パンク・水調べ修理が終わるとその水を撒いたりしてました。情緒・風情は全くありません。
2018年6月29日(金) 
 まだ梅雨の中休みばかりと想っていたら、関東地区の梅雨明け宣言が発表されました。6月もほぼ終わる時期に梅雨明けというのは暦的には正常なのかもしれませんが、昨年同様に盛夏・猛暑が長いと想うと気が重くなります。子供の頃と違って歳と共に猛暑は苦手意識が強くなってきます。 
2018年6月28日(木) 
 今週になって梅雨の中休み状態で雨こそ降りませんが蒸し暑くなってきました。ここ最近、プライベートな走りになかなか行けずにいましたが昨日、少し出掛けてきました。走ったコースは平塚・秦野エリアです。理由は梅雨時のこの時期は紫陽花巡りを考えていたところ、カナロコ(神奈川新聞社)の紫陽花トピックで紹介していたエリアに見覚えのある名前があったからです。「河内川・鎌倉橋」。昔、住んでいた場所のすぐ近くだったからです。懐かしさもあり選びました。ついでに同じ時期に紫陽花情報でカナロコに取り上げられていた秦野戸川公園も合わせて出掛けてきました。この様子を「自転車 de Go!」に纏めましたでご覧いただけると幸いです。 
2018年6月27日(水)はルナサイクル定休日につき、店長日記もお休みさせていただきます 
2018年6月26日(火) 
 多段ギアの調整はやはり難しいものです。ディレイラーだけの問題以外にもチェーン、ギア、チェーンライン......etc。様々な要素が関係しているので複合して上手く作動しない場合があります。本日の修理車にてFD側がキレイに決まりません。様々なセッティングを試みますが、なかなか上手くいきませんでした。仕方なくオーバーストローク気味にFDのローギア側のキャパシティーボルトを開放して何とか動作するようにしました。インナー側へのチェーン落ちが大いに考えられるのでチェーンフォールプロテクターを装着して対応することにしました。あまり褒められたセッティングではないのですが、これが精一杯でした。
2018年6月25日(月) 
 さすがに昨夜はサッカーワールドカップの日本代表戦を観ていました。結果は2-2のドロー。貴重な勝ち点1を獲りました。この1点をどの様に捉えるかは人によって微妙です。「勝ち点2分を獲り損ねた」と考えるか?「1点でも積み重ねられたのは大きい」とか。戦前は「3戦全敗の勝ち点0で終焉」さえあり得ると思われていたので、人間の欲望とは勝手なものです。星勘定では今現在、有利な立場ですが、まだグループステージ突破が確定している訳ではありません。最終戦で3位へ陥落。撤収帰国もあり得る話です。でも最終戦がある木曜日深夜まで夢心地気分であることは間違えありません。また、まだ、日本人が見たことのない世界。夢の続きを全ての日本国民が願っています。 
2018年6月24日(日) 
 MTBは比較的新しい車種ですがMTBが誕生してから、かれこれ30~40年ぐらい経ちます。ゲイリーフィッシャーやジョーブリーズ、トムリッチー達が西海岸のMt.タムでビーチクルーザーを改造して山道を下って遊んでいたのが始まりです。それから、日進月歩の勢いでMTBは進化していきました。まだまだ現在進行形です。本日、Vブレーキ時代の懐かしい産物を見ました。今ではめっきり見なくなったVブレーキブースターです。特にFサスペンションに伴いフォーククラウン強度を補強する意味で「U」字型のブースターをカンチ(Vブレーキ)台座に挟んで、制動力アップと同時にブレーキ時に生じる音鳴きを緩和させていました。Diskブレーキが主流になるまでは必需品と言ってもいいほどMTBバイカーは使っていました。その中でも当時、人気だったのがカーボン製のシマノXTRのVブレーキブースターでした。本日、お客さんが新品のXTRブレーキブースター(ネットオークションで入手したそうです)を持ち込みました。早速、お客さんの愛車に装着したら、音鳴きが収まりお客さんは感激してました。ちなみに、Vブレーキブースターが流行していたのは1996・アトランタ五輪ぐらいの時です。(MTBが正式に五輪種目になったのが1996アトランタ五輪です。サッカーの西野朗監督が「マイアミの奇跡」を起こした頃の産物です。)
2018年6月23日(土) 
 午後から本降りの雨となりました。そこで、先日お預かりしていた修理車の作業を取り掛かり始めました。ワイヤー類を交換してチェーンを繋ぐのが主な内容です。更に新規の後ギアの交換も頼まれています。後ギアの歯数が同等レベルならチェーンを繋いでしまっても問題ありませんが、後ギアの最大ギアを26→29Tへスプロケット変更します。チェーンの長さに影響することが考えられます。ミドルゲージのRDを使っているのでキャパシティー範囲内だと想われますが、一抹の不安があるので後ギアが届くまで待つことにしました。(チェーンの長さが足りなく失敗するとその代償は高くつきます)
2018年6月22日(金) 
 本日、久しぶりにパナソニック オーダーシステム(POS)に関して話がありました。何でも今年の2月に北米ハンドメイドサイクルショー(NAHBS)に出展して好評を得たオーダーカラーを限定で販売するそうです。その件についての相談でした。メーカーからは事前のインフォメーションメールで連絡を受けていましたが、特別オーダーカラー料金はフレーム代+¥100,000(税抜)です。確かにカラーリングは目を見張る美しさですが¥100,000は小市民の凡人には驚きの価格設定です。チタンフレームの特別カラーコンセプトは「幻想的な日本の光の演出」。クロモリフレームは『日本の「ハレの日」』です。和の日本の匠の美意識溢れるフレームはプライスレス?値段が全てではない!.......かな?。興味のある方はインスタグラムで♯Panasonicbikeあたりで検索すればヒットするハズです。(お客さんもインスタグラムを観て興味を持ったそうです)
 今年でPOS開始から30周年の節目の年に当たります。
2018日6月21日(木) 
 日本列島、梅雨前線に覆われて梅雨真っ只中です。ありがたい事にこういう機会を見計らって、お客さんからはメンテナンス依頼を受けるのですが、今週になって一気に依頼車が増えてしまいました。どれも一癖ありそうなモノばかりです。急に忙しくなりました。(まだ始まったばかりです) 
2018年6月20日(水)はルナサイクル定休日につき、店長日記もお休みさせていただきます 
2018年6月19日(火) 
 今夜はワールドカップの日本代表戦です。ここ最近の楽しみ(希望)はこれしかありません。これから急いで帰って応援したいと思います。他のグループと比べ優勝候補と言われるような強豪国は存在しない分、実力差が拮抗している組とはいえ我が日本はランキングでは一番の格下です。是非とも勝ち点(出来れば勝ち点3)をもぎ取ってもらいたいのもです。 
2018年6月18日(月) 
 「地震雷火事親父」。昔から云われている怖い事の例えです。朝、関西地方で震度6弱の地震がありました。今朝TVを点けてビックリしました。関西地方での地震では阪神淡路大震災がまだ記憶に新しいところです。ビルや高速道路は倒壊して沿岸地域は液状化現象。神戸の街は火柱が渦巻く大火災となりました。東日本大震災や熊本地震の時もそうでしたが時間と共に被害の深刻さが浮き彫りになってきました。世界規模で活火山が噴火し日本でも桜島で大規模な噴火があったばかりでした。北関東でもこの前、震度5クラスの地震があったばかりです。国際情勢、政治・経済の世界も混沌としてますが、自然災害の脅威はすぐ隣り合わせのような気がしてます。(最近、関東地方でも房総半島付近で頻繁に地震が起きているのは不気味に想っています)
 今日の地震で亡くなられて方のご冥福をお祈りいたします。
2018年6月17日(日) 
 スポーツ車にハマっていくとロードでもMTBでもホイールに興味が向くものです。ホイールを換えると走り・フィーリングも大いに変わるものです。ただ、今まで使っていたホイールと同グレード、もしくは少しのグレードアップした程度だとあまり解らなかったりします。交換するなら思い切ってグレードアップした方が実感できます。そういうホイールは購入時、結構な出費に感じますが事故等が無ければ案外と長持ちします。本日はチョット良い完組ホイールが売れてくれたので(主に完組)ホイールに関して想う事を日記にしてみました。
 店長の独り言 私個人で使っているフルクラム レーシング1 (2 way fit)。あまり走り込んではいませんが、かれこれ10年ぐらい経つかもしれません。一度、後輪を側溝に落とすトラブルがあってもまだ元気です。
2018年6月16日(土) 
 昔と比べて子供同乗に関して自転車の制度はしっかりしてきました。また、お客さんも幼児・子供への安全意識は少しづつ向上し、ヘルメットを積極的に被らせる傾向がみられます。本日のお客さんは数年前にウチから電動アシスト自転車を購入された方でした。その当時、後同乗器を付けて今現在まで使われています。最近になってもう一人、幼児を載せなければならなくなりました。最初に書いた様に、(一昔のように)勝手に子供台を付けて乗せて良い訳ではなく、幼児が2人まで同乗させても大丈夫に専用設計され、(BAA)認可された自転車でないといけません。お客さんの自転車を見ると幼児2人同乗対応モデルでした。購入当初から将来的な事を考えていたのか、たまたま選んだモデルが対応車種だったのかは定かではありませんが結果オーライです。本日は前用子供同乗器を注文してくれました。 
2018年6月15日(金) 
 雨の一日でした。作業するにしても作業場が採れません。それでも、昨日お預かりしていた修理の自転車があったので、狭いながらも何とか後輪タイヤ交換を済ませました。この天候の為、修理も新車も引き取りに来てくれる事はなく店内がどんどん埋まっていきます。 
2018年6月14日(木) 
 少し年配のお客さんの自転車は20年ぐらい前のGIANT CS3400。クロスバイクでした。少しくたびれた感じはしますが、要所はしっかりしていてメンテナンスをちゃんとやってきた印象を受けます。今回の修理依頼はFD側のワイヤー交換でした。お客さんは少し耳が遠くなった様子で同じことを何度か聴き直したりします。このクロスバイクと一緒に歳を重ねてきたのだろうか?......と修理しながら思い浮かべていました。まだ足腰はしっかりされていて、まだまだ自転車には乗れそうです。また、そうであってもらいたいと想いました。
 2018年6月13日(水)はルナサイクル定休日につき、店長日記もお休みさせていただきます
2018年6月12日(火) 
 最近のパナソニックの電動アシスト自転車は良くも悪くも9部組で届きます。9部というように90%程に組みあがった状態です。良い点は組立作業が早く済みます。昔はメーカーの組み付けもイマイチな感じであまり信用できなかったところもありましたが、最近はかなりしっかりしてます。(それでも微調整するところはあります)悪いところは箱が大きく届くと箱のままで取り置きできない点です。(大きな店舗、バックヤードがあれば可能です)本日、3台の9部組。内2台が大きな梱包箱に入って届きました。梅雨時で店内は一杯なのに.........。
2018年6月11日(月) 
 梅雨らしく一日中、雨でした。もう来客は見込めないと思いきや、この雨でもお客さんが来てくれます。通勤に使っているお客さんはクロスバイクのVブレーキシュー交換依頼でした。この雨ではせっかく新品のシューに交換してもすぐに消耗するのは明らかですが、擦り減ったシューでは止まれるはずがないので実際問題、選択筋は1つしかなく交換するしかありません。お客さんも承知の上での修理依頼のようで、毎日のように使っているとブレーキシューは3カ月ぐらいしか持たないと言っていました。大げさではなく、そんなものかもしれません。(ただ、雨天走行を余儀なくされる梅雨時はもっと期間は狭まると想います) 
2018年6月10日(日) 
 たまに来てはお話をするお客さんはスポーツサイクルに興味あります。初心者でバリバリ競技系というより健康維持が主な目的であり気軽に乗りたいそうです。そういう方に見受けられるのが、よく自転車好きの友人に相談しエントリーモデルで十分なのに少し上の世界(グレード)を勧められて悩むことです。具体的には自転車好きの友人からはコンポはシマノ105が装備されているモデルである事を勧められます。勧める側の言い分も解からなくは有りませんけど、全くの初心者にとってはパーツグレードは現時点では意味がないと私は想っています。まずは気軽に体験してスポーツサイクルを純粋に楽しむ事が重要なことであって、コンポの性能やギア数、重量などは初心・初級レベルでは二の次です。また、ハッキリ言って初心者には違いが判らないはずです。エントリーモデルとは価格も含めて初心者向けに考えられて作られています。エントリーモデルで走り込んでいろいろな経験積み、身をもって体感してから、上位グレードに興味を持ち移行しても決して遅くはないと想います。(また、そういう時間が重要だと私は想います)
2018年6月9日(土) 
 学生さんの通学車の修理の話です。まず、ハブダイナモ仕様のライトが点かない。ハンドルヘッドがガタつく。そして、右にハンドルを切ると異音がする。以上の3点です。修理が立て込んでいたのでその時は話を聞いて預かっりました。ライトの件は断線でした。ヘッドのガタはヘッドパーツの緩みを締めなおして解決です。最後の件は当初、ヘッドガタに付随して起こっているものだと想っていたら、右車輪のハブナットが緩んでいました。それを見て今回の3点の問題は全てこのハブナットの緩みが原因だと確証しました。ハブナットの緩みでカゴ脚が不安定になりカゴ脚に巻き付けられているライトコードにストレスが加わり破断。当然、車輪が不安定ならヘッド部への振動ストレスも大きくなり結果、緩んできます。右車輪が固定されてなければ曲がるたびに車輪はよれてブレーキシューやマッドガード等に干渉します。自転車は比較的新しそうでしたが、お粗末な組み付けだと想いました。 
2018年6月8日(金) 
 よく荷ひもがチェーンに絡まって動けなくなる方はたまにいます。本日は幼児をおんぶする専用のストラップがフロントギアとチェーンに絡まって動けなくなった電動アシスト自転車のお客さんが来ました。ガッチリ嵌って自転車のクランクは不動状態です。お客さんはまだ幼い子供を抱きながら店に来ました。引っ張ってもびくともしません。最悪、ストラップを切る事も考えましたが、お母さんが日々、おんぶにだっこに使っているモノなので分解作業する事にしました。 チェーンケースを外しチェーンを切れば外れると想っていましたが、前ギアとフレームの隙間にストラップベルトの部品が挟まっていました。クランクまで外すハメとなりました。さすがにここまでしてようやく全て外せました。また、子供を背負うストラップは凄く丈夫に出来ている事を改めて感じました。(チェーンとギアに挟まれても平気そうでした)
2018年6月7日(木) 
 昨日はカンパニョーロのプレゼンテーションに出席してきました。もう御存知かもしれませんがカンパはスーパーレコード、レコードが12s化になります。近年のカンパはマイナーチェンジを毎年のように実施されシマノ以上に進化は早いです。昔の感覚でいると、全然わからなくなります。ほんの数年前の同一コンポでも互換性が無いケースが目立ちます。ロードレースの主戦場がヨーロッパ中心であり、毎週末欧州各国でプロレースが開催される背景から極端な話、レース毎にブラッシュアップされる感じです。これはMAVIC(仏)にも同様な事が云えると想います。少し話が逸れましたが今回の12s仕様のRD。シングルテンションメカでシマノのスタイルを追従した様に見えますが、私個人的には昔のサンツアーを連想しました。ガイドプーリーを前方へ張り出しRDのボディーがあたかも水平気味になるスタイルは2代目シュパーブプロやシュパーブテック(MTB用のRD)みたいに想いました。
 (何のことかサッパリ解らない人は50代以上の自転車オヤジにでも聞いてください。あと、ダウレクトマウントRDエンドの爪形状が昔のユーレー専用エンドみたいに想うのは私だけでしょうか?) 
2018年6月6日(水)はルナサイクル定休日につき、店長日記もお休みさせていただきます 
2018年6月5日(火) 
 閉店時間間際に来た学生さん。クロスバイクにて後輪からタイヤ・チューブが外れていました。見た目は派手ですが、おそらくパンクした影響でタイヤ・チューブ共にリムから外れてしまっただけです。チューブを調べると大きな穴が複数個所あるので新品に交換です。タイヤは問題なさそうで単にチューブ交換修理だけです。学生さんは通学帰路でのトラブルだったので修理代を心配していました。学生さんだから特別にサービスするわけでもなく普通に(ルナサイクルの)修理代を伝えたら、学生さんの想定以下だったみたいですごく喜んで感謝されました。QR仕様のクロスバイクの後輪チューブ(700*32C-Fv)交換で¥1800。高くはないとは想いますが、よそと比べ自慢するほど安くもないと想うのですが.........。喜んでもらたのでウチとしても嬉しいです。 
2018年6月4日(月) 
 本日、パンク修理をしていた電動アシスト自転車。穴の開き方が通常とは違う感じでしたが、単なる空気不足によるリム打ちやチューブの劣化とばかり想っていました。お客さんが「何で空いたんだろう」としきりに尋ねるのでよくタイヤを調べたらタイヤビート付近でサイド切れを起こしてました。おそらく原因は低圧走行を続けたからだと考えられます。タイヤチューブ交換となりました。夕方、時間があったので自分の自転車のタイヤに空気を入れていました。シクロクロスレーサーに履かせている700*32CのタイヤはMAX7気圧(100PSI)です。どうせ、使っていれば減ってくるから少し多めに入れたらバーストしました。低圧で乗りつつけるのも問題ですが、高圧にするにも限界があります。タイヤ指定気圧の厳守を思い知らされました。 
2018年6月3日(日) 
 前々よりロードレーサーにて打ち合わせを重ねていたお客さん。晴れて車種・仕様が決定しました。クロモリフレームにてシルバー色のパーツ群がポイントとなり、このタイミングでNew105が発表されたのでアンカー・ネオコット+New105(シルバー)となりました。多少、当初構想から異なる箇所もありますが、使いながら部品交換等を考えていくことに落ち着きました。アンカーの105コンポ仕様モデルついては2018モデルシーズン途中でもR7000系の新105に対応できるのが嬉しいです。ただ、販売開始されたばかりのシマノ・Newコンポモデルの納期は多少掛かります。正式な納期回答はまだですが、今オーダーして7月中旬程になる予定です。もっとも、ユーザー希望オリジナルカラーにオーダーペイントするフレームが仕上がるのにも1ヶ月ぐらいは掛かる事を考えればそんなものかもしれません。 
2018年6月2日(土) 
 2018年度も上半期最後の1カ月となりました。イマイチ芳しくありません。あまり、値下げをしたくないですが仕方なく在庫車のクロスバイクを値下げする事にしました。本日、プライスカードを作成して取り替えました。店内在庫を減らしたい事と2019モデルがもうすぐ出るからです。新モデルを入れるには旧モデルを履かないと物理的スペース的にもありません。一応、店の前に4台ほど並べてアピールしてみました。値下げした車種はライトウエイのシェファードシティです。シマノ部品に拘り、タイヤサイズに700*32Cを採用したクロスバイクは使いやすそうで悪くはないと想うのですが、ウチでは動きが鈍いです。店内在庫品限り25%OFFでご奉仕中です。興味のある方は是非お願い致します 
2018年6月1日(金) 
 6月になりました。梅雨が気になる季節でもあり静かです。暇をみてはコツコツ作製していたルナサイクル的クラブモデル。生粋なロードフレームをツアラー色の濃い仕様に仕上げているので成功と失敗を繰り返しながら進行中です。ついに(やっと)フェンダー装着に取り掛かりました。手間と時間は掛かりますが、好きな事をしているので、わりと苦とは感じられません。随分と時間を費やして一応、仕上がったのですが自分でも前後共に少し長い気がしてました。そこに、ツアラー系のお客さんが来ました。やはり、フェンダーの長い点を指摘されました。限りなくプライベート(最終的にはプライベート車に落ち着くと想います)品なので、そこまで加工しなくてもと想っていましたが、様々な意味で良くないか......?と想い返しています。6月は時間が取れそうなので、また少し手を掛けようかと想っています。(このルナサイクル的プロジェクト?昨年のX'masから始り、未だ未完成です)