自転車屋さんの店長日記

18年9月の日記はこちら                                            トップページへ戻る

2018年10月17日(水)はルナサイクル定休日につき、店長日記もお休みさせていただきます 
2018年10月16日(火) 
 本日、トンプソンの営業の方が来ました。そして、先週末のプレミアムバイク試乗会の様子の話をしてくれました。プレミアムバイク試乗会とは神宮外苑で有料で実施される試乗会でプレミアムと言っているように各ブランドのトップ(プレミアム)クラスのモデルが乗れるのがウリです。さすがに有料イベントだと本気に購入を考えているが多く具体的な相談も受けたそうです。最近、ロードレーサーも一時の勢いは感じられませんが、潜在的な換え控えユーザーはまだ多くいるのでは?.......営業さんは手ごたえを感じていました。今週末には宇都宮でジャパンカップ(競馬の話ではありません)が開催されます。そして、11/9~11開催のサイクルモードへ続きます。サイクルモードは誰でも気軽に試乗出来る体験型のイベントです。是非、今一度ロードレース界に活気が出てくれることを願っております。 
2018年10月15日(月) 
 閉店時間まで1時間を切り、オモテは完全に日が沈み夜になった頃にお客さんが来ました。普通のパンクかと想ったら後輪のチューブ交換です。バルブの根元からダメになっていました。車種は小径の電動アシスト自転車です。時間も遅い事もあり、即刻修理しました。それを見ていたお客様から「早いね」と言ってくれました。お客さんの為でもありますが、実は店内は修理預かり車で一杯でウチの都合もありました。
2018年10月14日(日) 
 ミキスト車のオーダーの相談を受けています。お客様の希望もありコンポは内装11sのアルフィーネで考えています。ウチではあまり取り扱わない(内装)コンポです。完成スタイル及び見積もりをしているところですが、いつもと勝手が違いなかなか進みません。お客様本人も決めかねて悩んでいるパーツもあり、まだ青写真も描けない状態です。希望フレームは既に決まっているので、先ずはフレームを取り寄せて詳細を煮詰めていく事となりました。面白い反面、苦労しそうな気をしています。 
2018年10月13日(土) 
 毎年この時期は、各地の学校で秋の運動会の風景をよく見かけます。今朝、店に来る途中に自宅近所の小学校で運動会が開催されいました。近所の山田富士公園では何やらイベントが開催され昼頃にはライブ音声が店にも聞こえてきました。そして、もうそろそろ文化祭の季節が到来です。学生時代の頃を想いながら、秋の歳時記を感じていました。
2018年10月12日(金) 
 ミニベロにてハンドル回りを含む修理をしていました。ユーザー使用ハンドルはブルホーンハンドルです。かつては奇抜で個性的でしたが最近ではポピュラーなハンドルスタイルです。ブルホーンにすると悩むのが変速レバーの選択です。STレバーを使う事もありますがお客さんの要望はまだ小さい息子さんにこの愛車(ミニベロ)を引き継ぎ使用してもらう為の改造であり、ブレーキレバーを出来るだけハンドル手前に持ってくることを要望してます。その為、物理的な位置関係を考慮してシフトレバーはフォークコラム部に専用の変速レバー台座をマウントしてのWレバー仕様となりました。機能・操作性もこの位置に変速レバーがある事は悪くありません。実際の仕上がり具合はWレバーがメカメカしく、インパクトが強い感じがします。ただ、最終的な判断はお客さん次第です。 
2018年10月11日(木) 
 最近、巷でよく聞かれるグラベルツーリング。昨日の休みに少しグラベルツーリングに出掛けてみました。基本的に身近に走れる事を前提に考えたので自走できるコースにしました。そこで向かったのが相模原・愛川町にある三増古戦場-志田峠です。グラベル区間は1km未満で99%以上はオンロードのコースですが、グラベルツーシング入門コースとしては、お手軽に楽しめるコースだと想います。峠を越えての林道(下りは全舗装路)終点にはオギノパンがあり、ここで昼食休憩が可能なのもツーリングコースとしてポイントが高いです。あと、歴史好きの人にとっては、戦国北条vs武田信玄が戦った三増合戦の舞台探索は楽しめるエリアだと想います。良かったら「自転車 de Go!」に纏めたのでご覧下さいませ。
2018年10月10日(水)はルナサイクル定休日につき、店長日記もお休みさせていただきます 
2018年10月9日(火) 
 よくこの日記でも嘆くように電動アシスト自転車のエラー表示には苦手意識があります。先日、電話にて「スイッチ部が点滅している」との話がありました。その方が本日、来ました。メーカー、車種にもよりますがスイッチやバッテリーに全点灯や流れ表示が出ると、大抵は致命的な警告信号です。恐る恐るお客さんの電動アシスト自転車メインスイッチを見るとモード部のLEDのみの点滅でした。ヤマハ系ユニットの場合、このエラー表示はスピードセンサーエラーです。スピードセンサーを見るとホイールに装着されている送信用マグネットプレートの固定が外れてしまっていました。このプレートを再固定したら点滅が無くなりました。この程度で済んで私もお客さんにも良かったです。最近はさすがに改善対策されて安定してきていますが、まだマグネットプレートが不十分な状態になってしまっている電動アシスト自転車を見かけることも珍しくありません。(スピードセンサーエラーはLEDが点滅しても普通にアシストするので気にしないで使い続けている人もいます)
2018年10月8日(月) 
 本日は「体育の日」です。元々、1964年10月10日の東京五輪の開会式の日が国民の祝日となりました。あと2年後にもう一度、東京でオリンピックが開催されるのは嬉しい限りです。競技にもよりますがスポーツ界でも日本の発展は著しく世界からはスポーツ大国と見られているかもしれません。その反面、お家芸といわれる競技が苦戦しているのは心配です。1964年の東京五輪の大人気種目は何と言ってもバレーボールです。今でも「東洋の魔女」は語り草です。しかしながら、現在の日本代表は苦戦しています。男子代表に関してはこの時期(だから?)に監督交代(更迭?)がなされたばかりです。女子代表は名選手であり、コーチ・監督としても実績を出し続けた中田久美監督の元、今、世界バレー奮闘中です。サッカー、ラグビー、テニス、バトミントン、卓球、競泳.......etc。世界と互角に戦う日本選手を頼もしく想う反面、少し心配なバレーボールを取り上げてみました。(では、2020東京五輪に向けての自転車競技は..........?是非頑張ってもらいたいものです)
2018年10月7日(日) 
 よく自転車の寿命について聞かれることがあります。非常に答えに困る質問です。その人の使い方によって大きく変わってくるからです。朝一番のお客さんからはMTBの補修の相談を受けました。少し遠目からお客さんのMTBをさりげなく見ると、ざっと見て90年代のMTBでした。夕方になって丸石自転車ふらっかーずに乗るお客さんはシマノ オートD装備モデルでした。これまた90年代後半モデルです。今となっては「オートD」を知っている人の方が稀だと想います。ちなみに「オートD」とは軽快自転車版の4s電動オートマチック変速システムです。ただし、シマノ・オートDも随分前に生産終了となり今では補修部品も手に入りません。お客さんのオートDも電池切れも考えられますが不動状態でした。本日は非常に長く自転車を使っている方が目立ちました。 
2018年10月6日(土) 
 街の自転車屋をやっていると車椅子の修理も来ます。本日のお客様が使っている車椅子は只者ならぬ気配がする車椅子でした。まず、使用しているタイヤがIRCのエクセレーサー(540*25 WO)とスポーツ競技向けタイヤです。タイヤ幅サイズが25mmというのは普通の方はあまり使用しません。虹色に輝くスポークはおそらくチタン製です。よくみると、車体すべてチタン製みたいです。ただ、お客さんはパラ競技者という感じはしない若い女性でした。お母さんに付き添われての来店でした。競技色が濃いタイヤを使用しているので色々と話もしましたが普段、外出する時に使う程度だそうです。車椅子利用者でもできるボッチャとかゲーム(競技)を楽しんでいる方なのかと想ったりしましたが余計な事は聞かずに、依頼された車椅子用のタイヤを取り寄せる事にしました。
2018年10月5日(金) 
 最近、気になっていたグラベルロードを1台仕入れて組み立てました。選んだ車種はメリダ・SILEX 200というアルミフレームモデルです。実車やカタログスペックを見れば見るほど、良くも悪くも突っ込みたくなります。「突っ込む」≒「意見する」ということなので、やはり興味があるのかと自分自身で想っています。このモデルは意外とトップチューブが長めでフラットハンドルを使用するMTB系の思想が濃く反映されているのかと私的には映りました。遊びで作ったルナサイクル的グラベルロードに近いのかとも想像します。そのままのスタイルで乗り続けるのも良さそうですが、個人的にはフロント・シングルギア化。リアはMTBのように34~40Tぐらいまでワイドギアレシオにして、ホイールはカタログには27.5*2.2HEぐらいまで装着可能とあるので27.5*2.1~2.2HE(650*50~55B)へホイール変更。できれば油圧Disk化.......etc。妄想はどんどん加速していきます。(一応、在庫状況に載せておきました)
2018年10月4日(木) 
 カーボンフレームも珍しくなくなった昨今ですが、カーボンという素材は見た目では破損状況が判断できかねない場合が多々あります。只今、2件のカーボンフレームの修繕に関して相談を受けています。一件は交通事故。もう一件は落車によるダメージ損傷です。カーボンに関しては専門業者に検査・修理を依頼するしかなく、自転車ショップのメカニックが直接修理する事はできません。(コインタッピングによる大まかな打鍵検査ぐらいは出来ますが、正確な検査という訳ではなく、参考目安程度です。当然、カーボン材修繕はできません)ただ、外部委託という事を差し引いても結構な費用になります。ウチが気にする事ではないのですが気苦労します。まだ、見積もり段階ですがどうなるかはお客様次第です。
 おおよそですが、カーボンフレームを一箇所修繕すると5~6万円程度です。フレーム単品にバラシ・再アッセンブル。委託業者への発送費用等を入れるとプラス2~3万円ぐらいは掛かります。ただ、専門業者によると「20~60万円ぐらいする高級フレームが5~6万円(ここでは送料やアッセンブル代は含まず)でまた乗れるようになるのであれば、決して高くはないと想っています」との事です。(専門業者の言い分も解からなくもありません)
2018年10月3日(水)はルナサイクル定休日につき、店長日記もお休みさせていただきます 
2018年10月2日(火) 
 最近オモテに並べているお買い得、現品特価のクロスバイクが売れてくれました。お客さんは学生です。通学利用が主な用途です。最近、クロスバイクで通勤する学生も見かけられるようになりました。一抹の不安があるとしたら通学途中でのパンクです。このクロスバイクは700*25Cです。ただ、パンクの原因は空気圧不足が大きな要因であり、日頃よりタイヤ空気圧気を付けていれば高い割合で防げるトラブルでもあります。さすがに購入前に説明して決断していただきました。 
2018年10月1日(月) 
 本日はライトウエイ(以下RPJ)の担当営業の方が来てくれました。前々から「ショップ主催の試乗会をやりませんか?」と言われていました。あまり、本気にしていなかったのですがRPJの担当営業さんは本気に考えていました。ウチがRPJに望むのはライトスポーツ車やJr、ユース向けスポーツ車です。ウチの店の前は広く簡単に試し乗りするぐらいなら出来そうです。モノは試しで実施する方向で話をしました。狙いはJr.MTBや入門用MTB等で時期はX'masプレゼント対策の12月の予定です。今日のところは大まかな話と大まかな日程で終わりました。試乗会は規模によりますが、主催者側が想っている程、販売実績に結び付けるのは難しいものです。過去にPanasonicさん協力のもと、電動アシスト自転車の試乗会をお店主催で実施しましたが実売までには至りませんでした。