いにしえのロードレーサー再生記録
 下記の画像のロードレーサーは、およそ20年前程度もモノです。この自転車は、実は店長の母校(大学)の自転車部で、代々乗り継がれてきた自転車です。どの時代でも学生は、お金が無く、先輩から(自転車を)譲り受けるカタチで乗りつづけていました。しかしながら、競技機材としては、最新のロードレーサーには勝てず、後輩に譲ることも無く、卒業後も友人が乗りつづけていましたが、友人が新車購入を機に、この自転車を譲り受けました。多分、第三者が見たら、ただの廃棄物程度にしか映らないかもしれませんが、先輩方が乗りつづけてきた自転車なので、処分する気にはなれず、誰か大切に乗ってくれる方がいたら、乗ってもらおうと思っていました。そしたら、先日、この自転車を大事に乗ってくれる方が現れたので、再生することになりました。新オーナーも意向もあり、出来る限り元の姿に再生したので、この再生記録を報告します。
トップページに戻る
トップページに戻る
    この自転車の主なスペック(左の状態にて)

フレーム     :ミヤタ PRO MIYATA 540mm
ヘッドパーツ   :タンゲ レビン
ハンドル     :チネリ チネリ64 (通称「ジロ デ イタリア」) 
ステム      :チネリ (クランプ径、Φ26.4mm)
BB        :スギノ製
クランク      :シマノ デュラエースEX 52*39T-170mm
フリーハブ    :シマノ 600EX UGカセット対応 32H 126mm
スプロケット   :シマノ 600EX 7S・UGカセットコグ 
前ハブ      :サンツアー 品番不明(シールドベアリング採用) 36H
ブレーキ     :サンツアー シュパーブプロ (シューは600アルテグラ)
ブレーキレバー :サンツアー シュパーブプロ (肉抜加工してあるタイプ)
FD         :シマノ デュラエースEX
RD        :サンツアー シュパーブプロ(最終型)
Wレバー    :シマノ デュラエースEX (シマノ台座)
ペダル      :シマノ デュラエースクラス PD-7401(LOOK タイプ)
サドル      :サンマルコ ロールス(白)
シートピラー   :サカエ 品番不明 
前リム      :マビック GP−4 36H
後リム      :アラヤ プロスタッフ340 32H
(チェーン、スポーク、ワイヤー類、チューブラータイヤは廃棄のため、無)
フレームとパーツ類は、適度に掃除していたので、結構きれいにして保管していました。ただ、BBやヘッド関係までは、OHしていなかったので、まずはヘッドまわりから組みなおしてみます。(新オーナーから、ヘッドのガタつきは、改善依頼を受けていました)
 A-HEAD全盛の時代、ノーマルの締め合わせのヘッドパーツは、逆に新鮮に感じてしまうのは、私だけ?
 グリスアップしたら、ガタが抑えられたので特別に部品交換しないで、組み直しのみで対応しました。

 追伸・学生時代は、カンパグリス(肌色のさらさらしたグリス)をクラブで使用していたので、多分、この時のカンパグリスが使用されていて懐かしく思いました。
 ただし、今回はシマノ・デュラグリスを使いました。
          BBうらの、肉抜き加工です。
 以前、あるお客様から「こんなところに穴空けたら、雨水が入ってきて錆びちゃうじゃん」と云われた事を、思い出しました。これらの加工を「懐かしい」と思う方と、「非常識な加工」と捕らえる方。分かれると思います。(ちなみに、前オーナーの友人はビニールテープで塞いでいました)
 新素材の恩恵で簡単に、8kg以下のロードバイクを造ることが出来る現在では、確かに、ナンセンスな加工に見えるかもしれませんが、当時70年代〜80年代前半までは、皆、大真面目にBB裏の肉抜き加工しておりました。(デ・ローザなどは、ハートマークの肉抜き加工。コルナゴは、クラブマークの肉抜き加工をして、軽量化。および、自己主張していました) 
     BBは、非常に程度の良い状態でした。
(フレームに肉抜き加工されているので、BBシェルが組み込まれています。ここでシェルを取り外すのは、あまり意味が無いので、そのままの状態にしております。無理矢理取外そうとすると、大抵、樹脂のシェルが破けたりします)

 クランクとチェーンリングはできる範囲で磨いてみました。
右がワンキーレリーズで左はそうでないのは、ご愛嬌といったところです。
フレームに付属するパーツ関係(ヘッド、BB)編
足回り(ホイール関係)編
 前後で、リムが異なり、しかもホール数が異なるのは、金銭的に苦しい学生仕様です。壊してしまったり、代用品を先輩等から貰って使いまわししていました。そういう事情背景の為です。
 前ハブは、シールドハブなので、大丈夫かと思ったら、ガタが大きく都合が悪いです。ガタを取ってQRでフォークに固定すると、重くて車輪が回りません。
 結局、前ハブは交換となりました。現行品のシマノ・105(シルバー)です。
 多分、シマノのUGカセットも新規では、もう手に入らないかもしれません。(ボス式フリーなら、シマノは現在でも生産中です)フリー体を交換すれば、現行のHGカセットをつけられるかと、思いますが、そこまでするのなら、フリーハブをまるごと交換してしまった方が、良いかと思います。 このことは、新オーナーには連絡済です。

 このコグ。ローが20Tと非常に小さいので、新オーナーと協議した結果、後を交換するか、前のチェーンリングを交換するか検討したところ、前のクランクを交換することになりました。本ページでは、交換前のまま紹介しますが、お客様には、クランクを昔のLX(46*36*26T)のモノに交換して引渡しました。
(新オーナーの夢は、この自転車で箱根を越えることなので、39*20Tでは、とても無理ということだったので)
 さて、このホイールはチューブラー仕様です。最近、めっきり使用者が減ったチューブラータイヤ。大抵の方が、リムセメントを使ってリムに装着するのに、「難しい」と感じられるようです。良い機会なので、簡単に装着する模様を載せてみます。
 上のチューブが、リムセメント(パナレーサー)
 下がチューブラータイヤ(ビットリア・ラリー)
 新品のタイヤはまだ、馴染みがないので、馴染みを出すように、リム装着前にエアーを入れます。(バルブがひっくり返るのは、異常ではありません)画像にはありませんが、一度、ホイールに仮装着(リムセメントが塗っていない状態にて)すると、更に良いでしょう。
 嵌めやすい、嵌めにくいは、リムとタイヤの相性もありますが、馴染みを出していると、いないのでは大きな差があります。(初心者などは、馴染み出し作業をしていないで、いきなり装着しようとしているからではないかと、思います)
   リムセメントは、薄く広く塗るのが基本です。
わたくしの場合は、一度リムの中心に大雑把に、リムセメントを塗ってから、指(ビニールをして)で伸ばしていきます。
 そして、すぐにタイヤを嵌めるのではなく、リムセメントが半渇きになるまで、待ちます。(時間は、気候やリムセメントの種類によって異なります。パナレーサーは早乾性のリムセメントなので、だいたい5分〜10分程度置けばOKです。ただし、天候・湿度によって乾きが違ってくるので、指で触って確認するのが一番です)
 
 半渇きになったら、バルブを中心に左右両手を使って、嵌めていきます。(装着風景は、両手を使っての作業の為、写真はありません。スミマセン)
 バルブがズレないように左右均等に装着する事を、心がけてください。
 
 装着後タイヤがリムの中心に出でいることを確認して、センターに出ていればOKです。とうぜん、エアーを充分に入れて、完全に装着するまで、待ちます。
出先での交換時なら、すぐに走り出すのはしょうがないのですが、家で行う場合は1日置いた方が無難です。
(出先での場合は、「急」がつくような無理な走りを避けて、一定のペースで走りきるのが無難です)
チューブラタイヤを装着してみよう編
 リムに下地を施しておく事も、ポイントです。新品リムは、一度リムセメントを塗って下地を作ったりした方が望ましいです。人によっては、装着を良くする為に、ヤスリを使ってリム装着面を粗くしたり、リムのホール部分をコルクで塞いだりします。
 また、きれいにリムセメントクリーナーで古いリムセメントを落としたりする方もいますが、わたくしは、適度に古いリムセメントが残っていた方が、良いと考えています。(パリパリ、大きな固まりが剥げ落ちるぐらいに残っているようなら別です)
制動系(ブレーキ関係)編
 やはり、問題はブレーキレバーのブラケットパット。ゴム製品は月日と共に劣化していきます。この自転車に使用していたサンツアー・シュパーブプロのレバーブラケットパッドも例外ではなく、使い物にならない状態でした。画像の黒いパッドが前オーナーの友人が学生時代より使用していたモノです。片方はもう斬れていたので、処分してしまいました。
 そこでどうするか?以前では普通に代換え補修が出来たパーツですが、今ではブレーキブラケットパッドを作っているところが、ほとんどありません。レバーーの右あるアメ色のパッドは、とあるショップさんが自前で金型まで起こして作ったショップ・オリジナル品です。そのショップさんへは、一人のお客さんとして個人的に仕入れたモノです。(いにしえのランドナーの為に、個人でストックしていたモノです)ブラケット無で渡す訳にもいかないので、新オーナーの為に、使う事にしました。(ちなみに、金型まで起こして作成したパッドの値段は、びっくりするぐらい高いです。そのショップさんも申し訳無さそうに、「金型代が償却されるまではしょうがないから、、、、。」と言っておりました。(サイクリストの鏡のような、ショップさんだと思いました。決して、お金もうけのためではないと思います。)
 ちなみに、ルナサイクルにこれらのパーツは在りません。ご了承ください。
       ブレーキ本体です
よく見ると、前も後も多少、備品が純正のシュパーブプロと異なるモノが使用されています。何度も云っているように、学生が代々使っていたのでご愛嬌といったところです。具体的には、アウターケーブルの受け金具が違います。画像のモノは、もう忘れてしまいましが、カンパかシマノ・デュラエースEXの小物が代換えとして、使用されていました。ブレーキシューはシマノ・600アルテグラ用です。
駆動系編
 参考画像・交換前ブレーキレバー
オリジナルのサンツアー・シュパーブプロ
シマノ・デュラエースEXのWレバー
シマノ・デュラエースEXのFD
サンツアー・シュパーブプロのRD
 シュパーブプロのRDのオーバーホールしたときの画像です。
サンツアーは、よくテンションばねにゼンマイを利用していました。このへんが、シマノと違うところです。(共に、バネではありますけれども)

余談 ゼンマイまで分解したのは、失敗でした。作業時に、指をパックリ切ってしまいました。おそらく専用冶具でないと、危険だったようです。もし、同じような事を考えている方は、ゼンマイまでは取り出さずに、クリナー等でアセンブル状態で掃除した方が良いです
シュパーブプロ・RDのオーバーホール画像(参考)
ハンドル・ステム編
  ハンドル・ステムともにチネリ製です。
もう、ご存知な方も多いと思いますが、ハンドル・ステムのクランプ径は、今でもさまざまなサイズが存在します。(最近では、Φ31.8、Φ26.0、Φ25.8、Φ25.4など)今も昔もΦ26.0が多いのですが、チネリは異色でΦ26.4mmでした。このハンドルとステムは、この組み合わせでないと使えない状態です。(Φ26.4mm用の別のチネリ製品を探してくれば、別ですが)今では、本家チネリもΦ26.0mmへ移行し、Φ26.4mmのモノは生産していません。このことは、新オーナーには説明済です。

 ただし、ハンドルバー・「ジロ デ イタリア」は人気で、今でも愛用者は多くいます。名品と呼んでもいいほどのハンドルです。
再生完成
 ほぼ、前オーナーが使用していた状態に再生いたしました。バーテープとアウターワイヤーの色(レッド)は、新オーナーの意向によるものです。実際は、ギア比の関係上、旧LX(46*36*26T)に変更。そして、ペダルはMKS・シルバーンロード(トゥークリップ・ストラップ付)に変更しております。
 新オーナーのもと、まだまだ、現役で活躍してもらいたいと願っています。